圧倒的にメリットのほうが強い

自己破産をしたらどんなメリットとデメリットを生じる?

所有しているマンションは売却しないといけないの?
その他の資産はどうするの?

等色々考えるべき点が多いのが自己破産です

自己破産とは、裁判所を通して手続きを行い、借金を支払う必要がなくなるという手続きのことを示します。借金返済に負われて自己破産をしようか悩んでいる方に対して、長所と短所の会得しておくことは重要です。
では早速解りやすく自己破産すると生じるメリットとデメリットの説明します。まず良い点というのは、自己破産をしたら今ある借金全てをゼロにすることができます。人生のリセットボタンを押せる事によって、やり直しがききます。
でしたら逆にデメリットについて語りましょう。まず一つ目は、信用を失います。ここで言う「信用」とは社会的なものになります。ですので金融機関などのローンをずっと受けられなくなります。
実際にはローンが受けられないわけではなく、融資を受ける際に通す審査事態がほとんど通りません。もう一つは、全ての財産を失います。自己破産を申請した場合ら、20万円以上の価値のある全ての財産はすべて没収されることになります。
そのために全ての価値のある家や車といったものは自己所有物ではなくなります。最後に、しばらくの間、自己破産ができなくなります。一度自己破産をする事でしばらくは家も車も財産を失った状態で生活を立て直して踏ん張って、頑張っていかないといけません。
すぐの再度の自己破産はできません。といったわけで自己破産すると生まれる利点とデメリットになります。さえt、ご覧いただいて皆さんいかが思われたでしょうか?実際には圧倒的にメリットのほうが強いのです。
ですから悪い点が多少あることは把握が必要ですが、その不利な点を理由に自己破産をやめるのは勿体ないでしょう。ただ大きな決断になるので、しっかり考えた上で最終決断してください。メリット●借金が免除される抱えている全ての借金が免除されます。※ただ滞納税金等の支払いの義務は残ります。
●誰でも自己破産する事ができます自己破産は第三者が判断して支払いが困難であればどんな人であろうと手続きができます。●貸金業者からの取り立てが止まる申立後は貸金業者(消費者金融など)からの取り立てが一切無くなります。デメリット
●信用情報に個人情報が載るだいたい10年間ほどは信用情報(ブラックリスト)に名前が掲載されることで、新規のお借り入れやクレジットカードが審査に通らず作れません。●財産は全て処分されるケースがありますマイホーム等の原則20万円以上とされる価値のある財産は没収される場合があります。
●一定の期間は職業についての制限を受けることになります3ヶ月~半年間ほど、一部の職業(弁護士、司法書士、税理士、公認会計士、行政書士、質屋、生命保険外交官、宅地建物取引主任者、警備員など)につけなくなりますが、免責決定の数ヶ月ということなので、あまり重大なデメリットではないという考え方もあります。●借金が免除されないことがあるご事情によっては例えば税金の支払い義務や、養育費の支払いなど一部の特殊な債権については、自己破産手続き後も支払いの義務が残り続けるので、借金が免除されないケースがあります。●官報に記載される官報に名前が載ります。※ただし官報は一般の方が見る事はあまりないので、バレる可能性は低いでしょう。

破産手続き開始

通常では、破産・免責許可の申し込みから破産手続きの完了、免責許可の決定までに要する期間は、管財事件(財産を持っている)の場合、おおよそ半年-1年、同時廃止の場合、3か月-半年ほどかかります。また、東京地方裁判所では弁護士を申立代理人とした破産手続きを行った場合ですと、直ぐに面接オッケーといった、破産申立てをしてから3日以内に裁判官と弁護士が面談を行ってその日のうちに破産手続きの開始が決まるという、裁判手続きの迅速化を図る運用をしています。
この対応策が取られている場合ですと、さらに1-2カ月ほど手続き完了までの期間が短縮されます。申立て手続き 自己破産の手続きは、破産手続きと免責許可の申告を原則とし、債務者(申立人)の住所地を担当する地方裁判所に、最高裁判所規則に定める項目を記載した書類と手続き費用・予納金とをあわせて、申請することから始めます。
書類に万が一、不備が見つかった時は決められた期限までに再提出する必要が生じ、勿論不備を直さないと破産手続きの申立ては却下されるケースも可能性としてはありますので、徹底的にチェックしなければいけません。次に、債務者の申立てに対して審訊(陳述・説明の機会が与えられ詳しく話を聞かれること)があり、破産の手続きが開始決定される原因となる事実がある場合には裁判所が破産手続開始を決定し、官報に公告されます。
同時廃止の場合は、破産手続き開始(従来は破産宣告と呼ばれていました)の決定(債務者が持っている財産が、換価する程の価値がない事が初めからわかっていた場合に決定される)と同時に破産手続きが廃止されて、破産手続き廃止決定の主文と道理について官報に公告されるのと同時に債権者に通知されることで手続きが終わり、破産手続きは行われませんが免責手続き(借金の支払義務を免除する決定を裁判所からもらう為の手続き)は行われます。
※自分で破産手続きを申し立てる方は各地方裁判所にパンフレット等が備えられているので申し立てが可能な受付時間や受付部署等もあわせて地方裁判所に問い合わせましょう。破産手続きの流れ 破産手続き開始の決定と同じタイミングで破産管財人(破産裁判所によって選任され,破産裁判所の指導・監督の下に,破産手続をするにあたって破産財団に所属している財産の管理や処分をする権利を有する者。破産裁判所の管轄地域内に所在する法律事務所に所属する弁護士が選任される事が一般的)が選任されるのです。
破産手続きは破産管財人が基本的に行うので、申立人(破産者本人)は手続きにおいて特に何もすることは無いですが破産管財人の求めに準じて面談を受けたり必要書類を提示をしなければなりません。具体的な破産管財人の作業内容を説明すると、申立人(破産者)が財産を持っているのかの調査ともし財産があれば価値があるものかどうか、債権(債権者が債務者に対して一定の行為(給付)を請求しうることを内容とする権利)の調査と確定などが行われます。
申立人(破産者)は、提出をした財産の計算書の調査のための面接や必要な書類の提出、申告した債務と債権者(債務者に対して一定の給付を請求する権利をもつ者)が届け出た債権の内容に相違がある場合などには説明を求められます。各種手続きが完了したら、債権者に対して、破産者(申立人)が所持する財産や破産手続きについての報告する債権者集会が開催されます。
その後、残余財産(債権者に返金したあとに残った積極財産)が債権者の債権額の比率に対して割り当てられる手続きが完了して破産手続きはこれで終わりです。免責手続き方法 免責の手続きは、債務者が破産手続きを申し立てた場合、同時に免責許可の申立ても行った事とみなされますが、手続きとして必要な事は最高裁判所が規則で定めている事項を記載した債権者名簿(破産手続きの申請時に作成しなければならない債権者の一覧表)の提出が重要となります。
万が一、申立て時に債権者名簿の提出ができなかったとしてもその後速やかに提出すれば問題ないです。また破産手続きで最高裁判所が規則と定める債権者一覧表をもう既に提出している場合はそれを代用してくれます次に裁判所は破産手続きの開始が決定がされた時に破産管財人や債権者に免責許可を認定する事に対する意見を陳述することができる期間(1カ月以上)を取り決めてから公告と破産管財人・債権者への通知を行います。
免責不可とみなされる理由に該当しない場合は破産手続きが終わってから改めて裁判所が免責許可の決定を行い破産者に通知されます。免責許可が決定されると復権(一度無くなった権利などを回復すること)し資格制限(資格制限とは破産法には規定されておらず、それぞれの資格の取得要件等を定める法律に基づいて個別に規定されている)は無くなり、ようやく借金のない自由な生活を手に入れる事となります。

月々の返済額

現在21歳で380万円ほどの借金があります。一緒に暮らしている彼氏がいて半年です。1年ほど前に、痩せようと決心してダイエットをする為に頑張る為に「4ヶ月無料ダイエットコンテスト出場者募集」という広告を見て直ぐにエステのこのコンテストにエントリーしました。
子供の頃から、優柔不断で、勧められるままにエステの商品を買わされ最初に15万円ほどクレジットを利用して買いました。その後、エステの店長に色々と言われるがままでどんどん一つの購入額も上がっていき…気づけば、借金は350万ほどになってしまいました。
5か月ほど前にエステに行くとまた高価な物を勧められるので、それから行くのを避けるようになりました。現在は借金の返済に負われて月20万円ほどのペースで返しています。ですが最初は何とか返済額をきちんと返済できていたのですが、稼ぎが少ないのでどんどんと追いつかなくなり、自分の作ってしまった借金なので他人に頼る訳にはいかないと思い現在風俗で働いています。
風俗だったら一気に稼いで返済する予定だったのですが、ここ最近では風俗でさえも不景気で高額稼ぐ事は難しくなっていて、月額12万前後稼げればましという状態になってしまいました。それに借金返済の為に我慢して働いているだけですので、もともと風俗などしたくなく、彼氏にも後ろめたい気持ちでいっぱいで早くこの生活から解放されたいです。
この先が不安で仕方ないですし、もうどうすればいいのか自分では答えが見つからない状態ですが、とにかく風俗の仕事は今すぐにでも縁をきりたいです。ですけれども、現在は返済するのに精一杯今の仕事で働くしかどうしようもない状態ですから辞められません。仕事もここ2~3ヶ月、月10万前後しか稼げていないので滞納しているものが多々あります。
多くの金融会社から借り入れしているので既に、消費者金融のブラックリストにも載っているようですので多数の会社で借り入れしているのを一社にまとめて、月々の返済額の負担をすこしでも軽くしたいばかりですが、どこからも借りれない状態です。ただ唯一救われる事は、闇金融から借りていないことです。
この借金生活の悩みを、誰にも話せないでいて苦しいです。ただ、彼氏には「実はエステで120万円借金がある」と伝えたら「一人で悩む必要はないよ!これから頑張って返済していけばいいから」と責めずに励ましてくれました。ですが、返済するどころか借金が増えるばかりで彼氏には何度も嘘をついているので、とても辛いです。
お金が準備できない時は家族に頼んで、返済分に充てさせてもらう為に、10万ほど借りていて迷惑かけているので、これ以上借りる事はできません。(親も自己破産しているため余裕が無いので…)この2週間前には数か月間滞納していた分の請求(警告書)が35万円分くらい来ています。もう、これから先どの様にするべきなのか困っています。
借金の事ばかり悩んでいると、胃が痛くて体に力が入らず…うつ状態になり…数日前から突然、日常生活ではありえないくらいまでに心拍数が上昇し息苦しくて仕方ないです…一日も早く病院に行って検査してもらう余裕もありません…さらには今月は車の税金の支払いまでも来てしまいます。
今はとにかく誰にも相談すらできないでいますから苦しいです。誰か、私の話に耳を傾けてくれる方、渇を入れてくれる方、今後どうするべきかアドバイスをしてくださる方、色々な改善できる対策を教えてくれる方お時間ある時で構いませんので、どうかご回答お願いします。